LOW INCOME ticket for 2015

バーニングマンのチケットが買えなかった人の中で、そもそもお財布に余裕がない方はLow Income Programという格安チケットの申し込みができます。特に「年収●●未満」などの線引はないのですが、学生だったり、駆け出しアーティストだったり、人生の転機で離職したばっかりだったり・・いろいろな事情があってもバーニングマンで皆とシェアできるものはいっぱい持っているのに!!という人にはぴったりのプログラムです。日本からの申し込みもOKです。

1枚190ドルで4000枚分募集しますが、他のチケット販売とは違うので、こちらのLow Income Ticket Programの案内ページをざっくり訳しておきますね・・・。

  1. 申し込み期間が来たら、チケットページまたはこの案内ページに上記リンクボタンが表示されるのでそこから申し込んでください。
  2. すでにチケットを購入している場合はLowIncomeへ申し込む資格がありません。
  3. もし、LowIncomeに申し込んだ後に、チケットを購入した場合は申し込み資格は取り消されます。たとえそれが他の人のために購入したり、チケット購入に際してアカウントをかした場合でも同じです。
  4. おひとり様1枚だけ申し込みできます。カップルやグループでの申し込みに対応していませんが、お互いの申し込み内容を申し合わせるのは構いません。
  5. おひとり様につき一つのメールアドレスで申し込んでください。複数のメールアドレスでたくさん申し込んでも審査しません。
  6. 誰か他の人の為に代理で申し込まないでください。申し込み者の障害等で本人が手続きを行うのが不可能な場合をのぞきます。(英語が上手じゃないから〜というのは、これに該当しません。)
  7. 本名でお申し込みください。チケットを会場入口で受取る際に写真付きIDの提示をお願いします。
  8. 収入を証明する書類の提出をお願いします。添付書類のない申し込みは審査対象外です。(日本語の書類には訳を書き添えたらOKです)
  9. 申し込みフォームの送信で手続きは完了します。この後に追加の書類提出等の機会はありませんので、提出の際にすべての記載項目や書類が揃っている事を確かめてください。(ワンチャンスのみ。後からコレもーアレもーとか、見ません。)
  10. LowIncomeチケットは譲渡不可です。チケットは全て「WillCall」と言う、会場入口のBoxOfficeで受取るタイプのチケットになります。(アメリカ国内であっても郵送には対応していません)
  11. LowIncomeチケットの支払いおよび受取は会場入口のBoxOfficeがオープンするまでお待ちください。。(普通にイベント開催期間中に入場するのであれば特に問題ありません。)
  12. ぜーったいに譲渡不可ですので。
  13. LowIncomeチケットを受取る際、希望者は駐車券を1枚(50ドル)購入する事ができます。
  14. 選考結果については最大6週間の猶予をいただいています。チケットが当たったか外れたか、必ずお知らせします。

申し込み開始時期だけで、終了の時期を特に書いていないのでお察しかと思いますが、先着順で当選者が4000人に達したところで終了です。毎年数カ月はOpenしていたような・・・、そしていつの間にか終わっていましたが、今年はチケット争奪戦が熾烈なので早めに終わる可能性が高いです。

かなり分量のあるフォームを記入しないといけないので、収入を証明する書類やバーニングマンで何をやるのかという企画内容を読み込んでいるかと思うかもしれませんが、「ある一定の基準を満たした人から順に当選」と理解した方が妥当です。どっちの方が貧乏か、誰のアートのほうが良さそうか、それをランキングした上位4000人が合格!というわけではないので、お早めの申し込みがオススメです。

それでは、テクニカルな部分の注意点を。

  • まず、Burner Profileのアカウントを作成してください。(リンクボタンを押しても、まずはアカウントにログインしないと申し込めないデスって表示が出ます。)
  • 携帯電話やスマホ、タブレットからフォームを記入しないでください。(フォームが一部正しく表示されません。)
  • 最新バージョンのブラウザを使用してください。Internet Explorerは使用しないでください。(これまたフォームが一部正しく表示されません。)
  • 収入・支出の証明となる書類をアップロードしてください。例えば・・
    ・2014年の源泉徴収票
    ・氏名入りの給与明細
    ・障害者手帳や雇用保険証書
    ・奨学金ローン返済証明
    ・住宅ローンなど
  • アップロードするファイルはJPGまたはPDFを1枚で、ファイルサイズが1MBを超えない事。本名以外の個人情報(社会保障番号等)は黒く塗りつぶしてください。
  • スキャナーがない場合はデジカメやスマートフォンで書類を撮影した写真を添付して構いません。
  • こちらからの返信が迷惑メールフォルダに入ったり、受取拒否にならないようご注意ください。

というわけで、まずはFirefox、SafariやChromeを使えるパソコンを探して、必要書類を撮影したデジカメ画像を取り込むところから始めるのが良さそうですね。ちなみに、日本語でちょうど良い書類がない場合は、自分の経済状況を説明するのに必要な書類の何枚かを組み合わせましょう。どの書類が何なのか、英語のメモをつけて、個人情報の部分には黒いテープでも貼って一緒に写真を撮ればOKかと。

とまぁ、いろいろ面倒なんですが、そのほか細かい質問はこちらのFAQを参考にしてみたり、本当にお手上げだったら日本窓口(japan@burningman.org)までご連絡ください。

Tickets to Burning man 2015

今年のバーニングマンチケット、一般販売(INDIVIDUAL SALE)は日本時間で2月19日朝5時開始です。でも、その前にいくつか手続きをしておく必要がアリマス!!

特にバーニングマンに初めて参加する場合はあらかじめチケットサイトをチェックしておきましょう。去年は38,000枚が約50分で売り切れました。今年も発売当日に、ゆっくり注意書きを読んでいる時間は無さそう・・・

  • 390ドルの入場券40,000枚、50ドルの駐車券12,000枚、別途手数料などがかかります。
  • おひとり様につき入場券2枚、駐車券1枚が購入できます。
  • Directed Group Sale(*)でチケットを購入していない人が対象です。
    (*昨年までの実績あるキャンプやプロジェクトを対象とした招待制セールです)
  • 日本時間12日午前5時から15日午前5時までの間にBurner Profilesで事前登録を行う必要があります。
  • 日本時間で19日午前5時から、先着順・売り切れ御免でチケット販売開始します。
  • その他の詳細はFAQをよく読んでください。

詳しく解説すると長文になるので、「2015バーニングマン チケットの買い方」スライドを作成しました。友達に伝えるにも面倒な時など、どんどんシェアしてください。

そしてチケット販売開始前の2月4日には、バーニングマン好きが集まる「MEETUP」を下北沢で開催しています。誰にでもOpenなゆるーい集まりなので、経験者に直接ざっくり聞いてみたい事などあれば、お気軽に。

こちらのスライドはFAQや新しい情報のほか、事前登録の時期等に対応して少しずつアップデートします。バーニングマン行けるかな・・行きたいな・・という方は、チケットを購入してから考えるのをオススメします〜♪

…click to continue reading this entry in English; Tickets to Burning man 2015

STEP opens

まだ2014年のバーニングマンのチケットを購入できていない方!8月の会期直前セールまでの間はSTEP(Secure Ticket Exchange Program)が利用できます。

すでにチケットを購入した人がキャンセルした分を購入希望者へと販売していく、バーニングマンが運営している公式サービスです。ダフ屋に偽物のチケットを渡されたり、定価+発行手数料よりも高い金額で購入してトラブルになるのを避ける事ができます。まずは、Burner Profilesに自分のアカウントを登録し、ログイン先で「買います!」と登録してください。(チケット購入の為にすでに登録した事がある人は同じアカウントを使ってください。)

チケットを売りたい人=4月21日正午(日本時間22日午前4時)〜
チケットを買いたい人=4月22日正午(日本時間23日午前4時)〜

(当初は4月15日に開始を予定していましたが、Gmailアカウントで登録した方に確認のメールが届かない等の不具合があった為、開始を翌週に延期しました。)

  • まだチケットを購入できていない全ての方が対象です。STEPへの登録を通してチケットを購入していただけます。(1人2枚まで)
  • チケットの販売枚数は、STEPに「売りたい」と登録された枚数によります。
  • STEPに「売りたい」と返品されたチケットは、先着順で「買いたい」と登録した方にメールで連絡します。
  • STEPを通してチケット転売のお知らせを受けてから72時間以内に購入してください。購入いただけなかった場合は、次の方をご案内します。(迷惑メールフォルダに振り分けられないように気を付けて!!)
  • 一回の購入でVehicle Pass(駐車券)も1枚(40ドル)購入可能です。
  • STEP利用料として6ドルいただきます。その他の手数料は通常のチケット購入時と同じです。(発行手数料1枚につき7ドル、お取り置き手数料12ドル)
  • STEPを通じて購入したチケットは譲渡、名義変更可能です。(余った場合はSTEPに出品する事もできます)
  • STEPを通じて購入したチケットはすべて会場ゲートにてお取り置き、本人確認の上での引渡しになります。チケット現物の郵送には対応しません。

基本的に先着順でメールが来るので、買いたい人はなるべく早めに登録しておくのをオススメします。何日後にメールが来るのか、数カ月後にメールが来るのか、自分の前にどのくらい並んでいるのかがさっぱり分からないシステムなので、気長に待ちましょう。ちなみにクレジットカードの請求は、STEP登録時ではなく購入のお知らせメールを受け取って実際に購入手続きを済ませた日になるので突然の出費に備えてくださいね〜!!

STEP opens tomorrow!

今年、これからバーニングマンのチケットを手に入れるならSTEP(SECURE TICKET EXCHANGE PROGRAM)が3月1日からオープンします。STEPは公式のチケット転売サイト。チケットが余った参加者が出品し、購入希望者が定価+手数料で購入できるサービスです。これまでにチケットを購入していない方なら誰でも登録できるので、気がついたら売り切れていた!という方はまずこれに登録しましょう。

STEPでチケットを購入するには

  1. Burner Profilesのアカウントを作成します。
    オープン当日になるべく早い順番を得る為には、あらかじめ登録しておく事をオススメします。日本時間で3月1日朝5時にSTEPがオープンするので、上記URLからサインアップしてください。お一人様2枚まで購入希望を出せます。
  2. チケット購入の順番が来ると、メールでお知らせが来ます。
    チケット価格(定価380ドル+手数料+STEP利用料4ドル)を確認し、カード情報を入力して、お知らせメールの送信から72時間以内に購入を完了してください。時間を過ぎた場合、購入を取りやめた場合は次の人に順番がまわります。

STEPにサインアップすると、先着順で購入希望者の列に並んでいる状態になります。すでにチケットを持っている人が行けなくなったりしてチケットを売りたい場合に出品するので、出品され転売が完了する度に順番が進む・・と考えたらイメージしやすいでしょうか。

STEPの注意点

  • 必ずPCからのメールを受け取れるアドレスでアカウントを作成してください。
  • Burner Profilesのユーザーネームは一度登録すると、変更できません。一度削除して登録しなおすしかありませんが、その際、順番は維持できないので気を付けて。
  • STEPで購入したチケットはすべてWillCallになります。2枚希望した際は受取も会場入口で2枚同時になります。
  • お知らせメールが来て実際に購入する際にカード情報を入力します。(支払いはクレジットカードのみ)必ずアカウント登録の住所とカードの請求の住所が同じになるよう気を付けてください。英文住所がマッチしないとカード決済が完了しません。
  • 自分が何番目の購入希望者なのかは知らされません。STEPに購入希望を出したからといって必ず順番が回ってくる保証はありませんが、7月末まで稼働するので粘り強くお待ちください。(途中で他からチケットを手に入れた場合は降りる事もできます。)
  • STEPで購入したチケットは再度出品して転売したり、メールで名義変更する事も可能です。(コチラの名義変更フォームにはSTEPで購入したチケットの名義変更不可と記載がありますが、問い合わせたところ正しくは「STEPのチケットは名義変更可能」だそうです。)

STEPでは安全にチケットを取引できますが、誰に、そして誰からチケットが譲られるのかは分かりません。国内でやり取りをしたい、余ったチケットを買いたい人を探している!という場合は国内用のメーリングリスト「Burners in Japan Newsletter」でも告知して橋渡しできるので、japan@burningman.comまでご連絡ください。

Scalpers, no scalping!!

昨日のバーニングマン2013のチケット一般販売は日本時間で朝5時から始まって、昼過ぎには売り切れました。早かったですねー。これからチケットを購入する場合は、2月28日からOpenするオフィシャルの転売サイト「STEP」を利用することになります。「STEP」をは誰でも無料で登録できて、チケットが余った人から定価で譲ってもらえるサービスです。一枚380ドルと名義変更などの手配料金(10ドル前後)ですむので、周囲にチケットを余分に取ってくれた人がいない場合には一番安全な選択肢です。

チケット専用の某オークションサイトでは、早速バーニングマンのチケットがいいお値段で並んでいます。定価よりはるかに高く、まだ売り切れていないホリデーセールのセレブ価格チケット(650ドル)より安い…理にかなった価格設定ですね。しかしこういったダフ屋(Scalper)から購入する事はいろんな意味でオススメできません。運営側はあらゆる手段を使ってダフ屋行為に対抗していて、大変厳しい対応をしています。去年あった事例をまとめてみると、以下のような不都合がおこる可能性があります。

  • オークションサイト等でチケット番号がさらされている場合、運営本部がチケットを無効にします。よって、受け取ったチケットが本物でも有効でない場合があります。
  • オークションサイトへ運営本部が働きかけて取引自体を無効にした例があります。(売り手と買い手が同意すれば取引が成立するように思いますが、そういったフリーダムは認められなかったようです。)
  • チケット料金380ドル+手数料よりも不当に高い金額での取引が見つかると、それがオークションでせり上がった結果でもダフ屋行為とみなされます。(ebayであれば”Buy it now”という、出品者の希望落札価格で落札する場合で、定価+手数料の範囲で落札される分にはこれにあたりません。)
  • ダフ屋認定をされたアカウントで買ったすべてのチケットが無効になります。(自分の取引はうまくいった後でも、他のチケットの取引をきっかけに同じ出品者の扱ったチケット全てが無効になった場合、自分にその知らせが来る可能性は低いですね。)
  • メジャーなオークションサイトやチケット取引サイト以外でも、Burner達はダフ屋行為を見つけたら運営本部に報告します。(こんな時も傍観しないのです!)

しかも、途中で取引が不調に終わったり、運営本部の介入でチケットが無効化されても返金等がスムースに行われるかどうかは自己責任です。まだまだ時間はあるので、誰か信用できる人から譲ってもらうか、STEPに登録して定価取引の順番を待つのがオススメです。毎年、会期直前になると行けなくなった人から浮いたチケットが出まわります。

それに半額チケットのLow Income Programはまだ募集中なので、もともとこちらに挑戦しようかな〜と思っていた方は思い切って申し込んでみてください。「STEP」の登録と使用方法については後日また別エントリーでまとめようと思います♪