-THE MAN- Photo exhibition

Camp Nuclear Disasterがバーニングマンで撮影した写真のグループ展を開催します。


ひとすじのボーダーラインを荒野に引く。
「向こう側は異世界」そう信じるヒトびとが集い、その禁じられた一線を踏み越える。
THE MAN。
あちら側の世界を象徴するヒト型のともしび。
乾き。寒さ。熱さ。
砂塵。豪雨。雷鳴。
劣悪な環境。不自由さと引き換えに手にするのは、完全なる自由。
そこでヒトはなにをする??
軽機関銃ヨガ開放猥褻暴走車嘔吐ボディペイント爆破サバイバル星空重低音薬物錯乱バーベキュー号泣三点倒立火炎叫び下痢砂塵祈り落下傘降下怒り嫉妬瞑想…
物質文明から隔離された生活は創意工夫を強制し、錆びた価値観を研磨する。
>>> 独特な文化と、特異な関係性の発現。
一週間だけの小さな異世界、BURNING MAN。
輪の中心で燃えさかるヒト型の恒星。
それは通常界のしがらみより解き放たれし、真の我の鏡像。

バーニング・マン(Burning Man)は、アメリカ合衆国ネバダ州ブラックロック砂漠で毎年9月最初の月曜日(Labor Dayという祝日)までの7日間に渡って開催される、参加者主導型のアートの祭典です。10大原則(10 principles)と呼ばれるモットーにのっとって運営され、ユニークなコミュニティを形作っているのが特徴です。

バーニング・マンは1986年にサンフランシスコのベイカー・ビーチで、ラリー・ハーヴィーとその友人たちが2.4mの木製の人形を作って燃やしたことから始まりました。毎年開催するうちにベイエリアを中心としたアンダーグラウンド・カルチャーシーンでの注目を集め、人形(The Man)のサイズも10mを超えるにつれ、数百人規模の群衆が集まるイベントに成長。1990年にはネバダ州のブラックロックデザート(Black Rock Desert)へ会場を移し、以来バーニング・マンはこの北米最大級の砂漠で参加者数を増やしながら拡大し、会期中はさながら砂漠の中に街ができるようだとブラックロックシティ(Black Rock City)と呼ばれるほどになりました。

この写真展は、バーニング・マンに参加した写真家及び、Camp Nuclear Disaster(バーニング・マン参加キャンプ)及び有志によるものです。バーニング・マンの魅力を知るには実際に参加することが一番ですが、この写真展を通じて、写真家達が砂漠で体験したことの一端でも伝われば嬉しく思います。
また、趣味性の高い写真は個別のスペースでご覧頂けます。

尚、バーニング・マンは非営利のプロジェクトであり、活動を通して得た全てをコミュニティに還元します。この写真展もその精神を尊重し、もし収益が出た場合は、バーニング・マンの関連活動**に寄付いたします。(後日、パブリックな場で収支公開します。)

*寄付つきチケットについて
入場料は500円です。当日会場にてお支払いください。写真展にさきがけてファンドレイジングを行っています。「寄付つきチケット」はこちらでお求め頂けます。
theman.peatix.com

**収益が出た場合の寄付先について
非営利活動であるBurning Man Projectに寄付します。
https://donate.burningman.org/
主に、アート関連活動や、環境保護、災害支援などに活用されます。

—————————————————————–
タイトル:THE MAN
https://www.facebook.com/events/382292011974038/
日程:2015年4月14〜19日 13:00〜21:00 (最終日のみ13:00〜19:00)
会場:ギャラリー新宿座 新宿区新宿4−4−15
http://shinjukuza.jp/

入場料 : 当日券:500円
寄付つきチケット:1000円、2500円、10000円 (金額に応じてギフトプレゼント)
*寄付つきチケットのご購入
theman.peatix.com

主催:Camp Nuclear Disaster(バーニング・マン参加キャンプ)
—————————————————————–

バーニングマンの日本窓口が毎月主催しているMEETUPを写真展会場で開催!!

今年行きたい人、いつか行きたい人、ちょっとだけ興味あるひと!情報収集に仲間募集に偵察に、好きなように使ってください。ただの気軽な集まりです。飲み物やツマミは皆でシェアしたい分を持ち込み。最後はお馴染みのLeave no trace でゴミはお持ち帰り下さい。ではでは、会えるのを楽しみにしてます〜!

日程:2015年4月17日 18:00〜21:00
会場:ギャラリー新宿座 新宿区新宿4−4−15
入場料 : 写真展に準じます
https://www.facebook.com/events/966897003334350/

…click to continue reading this entry in English; -THE MAN- Photo exhibition

NHK program about BM2014

今年のバーニングマンを特集したNHK番組が11月6日に放送されます。

地球イチバン「世界最大の砂漠の祭典 バーニングマン・フェスティバル」

真夏の砂漠に、1週間だけ出現する巨大都市。次々、炎に包まれ消えゆく巨大なオブジェ。炎とアートの祭典に熱狂する参加者は6万5千人。水も食料も全て持ち込み、お金のやり取りは禁止。携帯もネットもつながらない。それでも、この過酷な環境にやってくる人は年々増え続けている。現実とは違う自分に出会い、つかの間の“非日常”を味わう7日間。一生に一度くらい、こんな旅に出かけてみたら、何かをつかめるかも!?

  • NHK総合
  • 2014年11月6日(木) 午後10:00~午後10:50(50分)
  • 再放送 2014年11月13日(木) 午前2:40~午前3:30(50分)

また、NHKオンデマンドよりインターネットでの見逃し番組の視聴ができます。(放送修了後より、無料会員登録+216円)地上波で一時間番組に取り上げられるのは初めてなので、ちょっと期待♪デスね。

…click to continue reading this entry in English; NHK program about BM2014

UTOPIA

バーニングマンでは金曜昼のマンの前でのお茶会でお馴染みの浜崎健さん主催のUTOPIA。今年は岡山県は奥津湖湖畔での開催になりました。バーニングマンと同じ価値観を大事にした個性的な野外イベント、アクセスの良い西日本のBurnerには特にオススメです。現地情報や細かいお問合せ等はFacebookイベントページもご利用ください。

【UTOPIA 2014】

- お金と携帯を持たない3日間 -

2014年5月3日(土)~5日(こどなの日)
岡山県苫田郡鏡野町久田下原771-3 赤壁邸
エントランス / ¥5,000 手打ち蕎麦付き (中学生以下無料)
※普通のイベントではないので主旨とルールをよく理解した上ご参加ください。
(基本何もないので食糧、生活用品は各自持参してください。)

(スローガン)
・Give and give.
・Do what you can, do not worry what you can’t.

(主旨)
【社会や経済から人間を開放し、大人でも子供のようにワクワクできる理想郷】
このイベントに観客は一人も居ません。用意されたモノを見に行く…という受け身のイベントでもありません。
UTOPIAでは何をするのも自由。バーニングマンへと続くプレ・イベントとして位置づけ、それぞれが自由に自分を開放し、楽しみ楽しませる空間です。
そこでは全てが肯定され、ヒエラルキー(階級)もありません。みんなが等しく主役なのです。
観客とパフォーマーといった区別もなく、地元の人から外国人まで、ボーダーレスな交流ができる空間です。

(ルール)
・お金を流通しない。
・現実社会とは違う、一番理想な格好で居る事。
・すべて自己責任。
・自分の出したモノは自分で持ち帰る。
・撮影、携帯禁止。

(交通手段)
・中国自動車道 院庄インターチェンジ下車 約15分
・新幹線 岡山駅からレンタカーで約1時40分
・津山駅からレンタカーで約40分
・津山駅からタクシーで約4000円
・津山駅から中鉄北部バス奥津温泉行き石越線 久田(くた)バス停下車 徒歩約30分
(大阪から高速バスで津山駅行きがあります。)

(思いついた事)
・DJ、ライブ、パフォーマンス大歓迎です。
・皆さん好きな仮装してください。
・バーニングマンについて語りましょう。
・去年来た人はUTOPIAパスポートを忘れないようにお願いします。
・今年は去年と違い、音は規制なく出せますが直火が出来ません。
・キャンプサイトなら前入りキャンプO.K.です。終わった後のキャンプもしていいそうです。

(浜崎健コメント)
今回は急遽、去年の青島が使えなくなり場所を探していたところ縁あってこの地になりました。
ここ奥津湖はダム建設で村が沈んでしまった場所です。
偶然ですが親戚の叔父さんの家も湖に沈んでしまっていました。
あと、ボクのお父さんのお墓も近いのでなにか縁を感じます。
ここがUTOPIAの永住の地になるかもしれません。
バーニングマンのようにここがBRCになるのか?
みなさん、是非自由に楽しんでください!
そしてUTOPIAが、参加してくれた人々にとって第二の故郷みたいになれば嬉しく思います。

(備考)
・画像を欲しい人は公認カメラマンが撮影した画像をネットからダウンロードするシステム。SNSに掲載する時はあくまで文章だけで伝えるようにしましょう。
・前もって荷物を送りたい人は赤壁邸 支配人ポパイにクロネコヤマトで送ってください。
・お風呂は毎日、温泉まで送迎バスを出してもらう予定です。(その際、帰りに下記のPLANT-5で買い物してもらえるように手配しています。)
・近くのホームセンター SUPER CENTER PLANT-5 鏡野店

(帰りに近くのおすすめスポット)
・実験厨房中華そば (院庄インター降りてすぐ、赤壁邸の支配人が週末だけやってるラーメン屋さん。面白いのでネット調べて、是非立ち寄って下さい。) 岡山県苫田郡鏡野町円宗寺233
Zガンダム 道の駅 久米の里 岡山県津山市宮尾563-1
奈義町現代美術館
つやま自然のふしぎ館  ※ここは絶対オススメです!

…click to continue reading this entry in English; UTOPIA

Burning Man Film Festival in Tokyo

バーニングマンで撮影された動画がYoutube等で大人気!になる昨今ですが、もうちょっと長めの映画作品や、SNSが普及するずっと前・・・まだ参加者も少なかった頃をとらえた映像作品など様々な映像作品をラインナップした「バーニングマン・フィルムフェスティバル」を東京で開催します。

こちらはバーニングマン・プロジェクトが制作者からまとめて上映許可を得て、世界各地のリージョナルでのイベント開催をバックアップする公式イベントです。

バーニングマン・フィルムフェスティバル

世田谷のアートコミュニティスペース「time spot」にて、バーニングマンとして知られるアートやカルチャーをとらえた映像のちょっとおもしろい映画祭を開催します。毎年、何万人もの人がネヴァダ州の砂漠に一週間だけ集まるバーニングマンも、今では世界中から参加者がやってくるイベントになりました。映画祭ではその姿をたっぷり見せるドキュメンタリーやアーティストを紹介した短編映像のほか、まきべえやマガリによる解説、ポップコーンバイキング(?!)なんかもあって盛りだくさんです。まずは自分で体感!しに来てください。

4月19日土曜日 15:00から 22:30まで

time spot http://timespot.biz/
東急田園都市線・桜新町駅から徒歩15分
JR渋谷駅から東急バス「渋05」で「向天神橋」停留所下車(約20分)徒歩0分

入場料1000円 (再入場可能・こども無料)

  • おすすめのポップコーントッピングの持ち込み大歓迎
  • お酒やソフトドリンクはマイカップにセルフサービス&実費募金(プラカップの用意あり、マイカップ持参のほうがカッコイイけど)
  • プラヤ衣装での参加者にはウェルカムドリンクをプレゼント
  • 全て日本未公開、英語のみ日本語字幕なしの作品です
  • 上映中のおしゃべり、飲み食い、席替え推奨
  • 一緒にシェアしたいもの(食べ物・飲み物・アートなど)の持ち込み大歓迎

※上映作品ラインナップは後日発表します※

…click to continue reading this entry in English; Burning Man Film Festival in Tokyo

“Journey to the flames” Osaka screening

5月の東京での上映会のすぐ後に、神戸でも!大阪でも!と、関西のBurnerから上映会を開催したいというコンタクトがあったので、まずは大阪での開催です。東京からマガリスギとMakibeeが参加するほか、新旧入り乱れて様々なバーニングマン経験者が集まると思うので、聞いてみたいことがあったらじゃんじゃん聞いてください。

ドキュメンタリーフィルム「バーニングマンへの旅 -Journey to the flames-」上映会

2013.7.20.sat  OPEN 18:00 / START 19:00
ENTRANCE : ¥2,000 ( 1 drink付 )
at:GALAXY GALLERY (大阪市中央区千日前2-3-9 ユニバースビル1F)
☆40名限定☆ご予約は→ uchumegane@gmail.com
(氏名・携帯電話番号をご記入の上、お申し込み下さい。)

世界最大規模のアートと音楽、そして悪フザケの祭り「バーニングマン」。
いまや一部のフリークスたちのみが知るギャザリングではなく、世界中からあらゆるジャンルの人々がそれぞれの思いと大量の水、食料にキャンプ道具を持って集まるようになったこの新たな社会実験場に、前世紀1998年から新世紀2012年まで記録され続けた映像がついに大阪解禁!!!!!
各年代のアートや参加者の姿、そしてもちろん燃え落ちるバーニングマン像まで、幻影と現実の狭間で見続けていたヴィジョンが、宇宙の一点・GALAXY GALLERYで炸裂します。

「バーニングマンへの旅 -Journey to the flames-」、映像の後は、きっとあなたも旅の第一歩を始めたくなるはずです。 Text by まがりすぎ(http://www.magarisugi.net/

:::EVENT INFO:::

◎ドキュメンタリーフィルム「バーニングマンへの旅 -Journey to the flames-」上映

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=tDmoXAZwZWw
Facebookイベントページ: https://www.facebook.com/events/551483394913821/

「仲間たちとともに、世界最大の社会実験場へ旅立とう!バーニングマンでは広大な砂漠へ5万人が集まり、暫定的な街を創り上げる。ルールはいたってシンプル:金銭の使用禁止、サバイバルに必要なものはすべて持参、何も残さず帰る、参加者オンリー・傍観者ナシ。アートと音楽とセクシュアリティとファイヤー!の世界へようこそ。(作品解説より)」

◎バーニングマン体験者たちによるトークセッション
ゲスト:まがりすぎ、まきべえ、VJ COLO、福岡壯治 他
司会:RAZY(宇宙メガネ)

◎バーニングマン気分を味わうバーター交流会
当日はバーニングマンの理念のひとつGivi&Giveの雰囲気を味わうため、参加者同士でのバーター(物々交換)による交流会を催します。ご不要になったパーティーグッズ、日常生活では役に立たないけどバーニングマンでは使えるかもしれないヘンテコなアイテム、その他なんでもお持ちより下さい。

☆ユニークなバックグラウンドを持つバーナー(バーニングマン体験者)たちがお待ちしております☆

◎「Journey to the Flames -11 YEARS OF BURNING MAN-」DVD
11年分の映像をおさめたドキュメンタリー作品「Journey to the Flames」のDVD(2010年版)を販売します。公式サイトで8ドルで販売しているものを送料込みで1000円。2012年の映像は入っていませんが、スカイダイビングによる空撮等のボーナス映像付き。7月30日に東京からの発送を予定しています。購入の際に発送先住所をお知らせください。

…click to continue reading this entry in English; “Journey to the flames” Osaka screening