“Journey to the flames” Osaka screening

5月の東京での上映会のすぐ後に、神戸でも!大阪でも!と、関西のBurnerから上映会を開催したいというコンタクトがあったので、まずは大阪での開催です。東京からマガリスギとMakibeeが参加するほか、新旧入り乱れて様々なバーニングマン経験者が集まると思うので、聞いてみたいことがあったらじゃんじゃん聞いてください。

ドキュメンタリーフィルム「バーニングマンへの旅 -Journey to the flames-」上映会

2013.7.20.sat  OPEN 18:00 / START 19:00
ENTRANCE : ¥2,000 ( 1 drink付 )
at:GALAXY GALLERY (大阪市中央区千日前2-3-9 ユニバースビル1F)
☆40名限定☆ご予約は→ uchumegane@gmail.com
(氏名・携帯電話番号をご記入の上、お申し込み下さい。)

世界最大規模のアートと音楽、そして悪フザケの祭り「バーニングマン」。
いまや一部のフリークスたちのみが知るギャザリングではなく、世界中からあらゆるジャンルの人々がそれぞれの思いと大量の水、食料にキャンプ道具を持って集まるようになったこの新たな社会実験場に、前世紀1998年から新世紀2012年まで記録され続けた映像がついに大阪解禁!!!!!
各年代のアートや参加者の姿、そしてもちろん燃え落ちるバーニングマン像まで、幻影と現実の狭間で見続けていたヴィジョンが、宇宙の一点・GALAXY GALLERYで炸裂します。

「バーニングマンへの旅 -Journey to the flames-」、映像の後は、きっとあなたも旅の第一歩を始めたくなるはずです。 Text by まがりすぎ(http://www.magarisugi.net/

:::EVENT INFO:::

◎ドキュメンタリーフィルム「バーニングマンへの旅 -Journey to the flames-」上映

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=tDmoXAZwZWw
Facebookイベントページ: https://www.facebook.com/events/551483394913821/

「仲間たちとともに、世界最大の社会実験場へ旅立とう!バーニングマンでは広大な砂漠へ5万人が集まり、暫定的な街を創り上げる。ルールはいたってシンプル:金銭の使用禁止、サバイバルに必要なものはすべて持参、何も残さず帰る、参加者オンリー・傍観者ナシ。アートと音楽とセクシュアリティとファイヤー!の世界へようこそ。(作品解説より)」

◎バーニングマン体験者たちによるトークセッション
ゲスト:まがりすぎ、まきべえ、VJ COLO、福岡壯治 他
司会:RAZY(宇宙メガネ)

◎バーニングマン気分を味わうバーター交流会
当日はバーニングマンの理念のひとつGivi&Giveの雰囲気を味わうため、参加者同士でのバーター(物々交換)による交流会を催します。ご不要になったパーティーグッズ、日常生活では役に立たないけどバーニングマンでは使えるかもしれないヘンテコなアイテム、その他なんでもお持ちより下さい。

☆ユニークなバックグラウンドを持つバーナー(バーニングマン体験者)たちがお待ちしております☆

◎「Journey to the Flames -11 YEARS OF BURNING MAN-」DVD
11年分の映像をおさめたドキュメンタリー作品「Journey to the Flames」のDVD(2010年版)を販売します。公式サイトで8ドルで販売しているものを送料込みで1000円。2012年の映像は入っていませんが、スカイダイビングによる空撮等のボーナス映像付き。7月30日に東京からの発送を予定しています。購入の際に発送先住所をお知らせください。

…click to continue reading this entry in English; “Journey to the flames” Osaka screening

STEP opens tomorrow!

今年、これからバーニングマンのチケットを手に入れるならSTEP(SECURE TICKET EXCHANGE PROGRAM)が3月1日からオープンします。STEPは公式のチケット転売サイト。チケットが余った参加者が出品し、購入希望者が定価+手数料で購入できるサービスです。これまでにチケットを購入していない方なら誰でも登録できるので、気がついたら売り切れていた!という方はまずこれに登録しましょう。

STEPでチケットを購入するには

  1. Burner Profilesのアカウントを作成します。
    オープン当日になるべく早い順番を得る為には、あらかじめ登録しておく事をオススメします。日本時間で3月1日朝5時にSTEPがオープンするので、上記URLからサインアップしてください。お一人様2枚まで購入希望を出せます。
  2. チケット購入の順番が来ると、メールでお知らせが来ます。
    チケット価格(定価380ドル+手数料+STEP利用料4ドル)を確認し、カード情報を入力して、お知らせメールの送信から72時間以内に購入を完了してください。時間を過ぎた場合、購入を取りやめた場合は次の人に順番がまわります。

STEPにサインアップすると、先着順で購入希望者の列に並んでいる状態になります。すでにチケットを持っている人が行けなくなったりしてチケットを売りたい場合に出品するので、出品され転売が完了する度に順番が進む・・と考えたらイメージしやすいでしょうか。

STEPの注意点

  • 必ずPCからのメールを受け取れるアドレスでアカウントを作成してください。
  • Burner Profilesのユーザーネームは一度登録すると、変更できません。一度削除して登録しなおすしかありませんが、その際、順番は維持できないので気を付けて。
  • STEPで購入したチケットはすべてWillCallになります。2枚希望した際は受取も会場入口で2枚同時になります。
  • お知らせメールが来て実際に購入する際にカード情報を入力します。(支払いはクレジットカードのみ)必ずアカウント登録の住所とカードの請求の住所が同じになるよう気を付けてください。英文住所がマッチしないとカード決済が完了しません。
  • 自分が何番目の購入希望者なのかは知らされません。STEPに購入希望を出したからといって必ず順番が回ってくる保証はありませんが、7月末まで稼働するので粘り強くお待ちください。(途中で他からチケットを手に入れた場合は降りる事もできます。)
  • STEPで購入したチケットは再度出品して転売したり、メールで名義変更する事も可能です。(コチラの名義変更フォームにはSTEPで購入したチケットの名義変更不可と記載がありますが、問い合わせたところ正しくは「STEPのチケットは名義変更可能」だそうです。)

STEPでは安全にチケットを取引できますが、誰に、そして誰からチケットが譲られるのかは分かりません。国内でやり取りをしたい、余ったチケットを買いたい人を探している!という場合は国内用のメーリングリスト「Burners in Japan Newsletter」でも告知して橋渡しできるので、japan@burningman.comまでご連絡ください。

Scalpers, no scalping!!

昨日のバーニングマン2013のチケット一般販売は日本時間で朝5時から始まって、昼過ぎには売り切れました。早かったですねー。これからチケットを購入する場合は、2月28日からOpenするオフィシャルの転売サイト「STEP」を利用することになります。「STEP」をは誰でも無料で登録できて、チケットが余った人から定価で譲ってもらえるサービスです。一枚380ドルと名義変更などの手配料金(10ドル前後)ですむので、周囲にチケットを余分に取ってくれた人がいない場合には一番安全な選択肢です。

チケット専用の某オークションサイトでは、早速バーニングマンのチケットがいいお値段で並んでいます。定価よりはるかに高く、まだ売り切れていないホリデーセールのセレブ価格チケット(650ドル)より安い…理にかなった価格設定ですね。しかしこういったダフ屋(Scalper)から購入する事はいろんな意味でオススメできません。運営側はあらゆる手段を使ってダフ屋行為に対抗していて、大変厳しい対応をしています。去年あった事例をまとめてみると、以下のような不都合がおこる可能性があります。

  • オークションサイト等でチケット番号がさらされている場合、運営本部がチケットを無効にします。よって、受け取ったチケットが本物でも有効でない場合があります。
  • オークションサイトへ運営本部が働きかけて取引自体を無効にした例があります。(売り手と買い手が同意すれば取引が成立するように思いますが、そういったフリーダムは認められなかったようです。)
  • チケット料金380ドル+手数料よりも不当に高い金額での取引が見つかると、それがオークションでせり上がった結果でもダフ屋行為とみなされます。(ebayであれば”Buy it now”という、出品者の希望落札価格で落札する場合で、定価+手数料の範囲で落札される分にはこれにあたりません。)
  • ダフ屋認定をされたアカウントで買ったすべてのチケットが無効になります。(自分の取引はうまくいった後でも、他のチケットの取引をきっかけに同じ出品者の扱ったチケット全てが無効になった場合、自分にその知らせが来る可能性は低いですね。)
  • メジャーなオークションサイトやチケット取引サイト以外でも、Burner達はダフ屋行為を見つけたら運営本部に報告します。(こんな時も傍観しないのです!)

しかも、途中で取引が不調に終わったり、運営本部の介入でチケットが無効化されても返金等がスムースに行われるかどうかは自己責任です。まだまだ時間はあるので、誰か信用できる人から譲ってもらうか、STEPに登録して定価取引の順番を待つのがオススメです。毎年、会期直前になると行けなくなった人から浮いたチケットが出まわります。

それに半額チケットのLow Income Programはまだ募集中なので、もともとこちらに挑戦しようかな〜と思っていた方は思い切って申し込んでみてください。「STEP」の登録と使用方法については後日また別エントリーでまとめようと思います♪

Road to Burning Man 2013, tip#3

さてさて、いよいよ一般チケット販売開始です。事前登録したらチケットの予約ができていると思ったらそれは勘違いです。先着順での販売なので、ちゃんとお支払い・購入完了までしてから安心してください〜♪

バーニングマンに行こうと思ったらまずやる事:その3
チケットの購入

Tickets in 2012Burner Profilesでの事前登録を行った後にかなーり時間が経ってから(24時間とか)登録確認のメールが「 ticketsupport@burningman.com 」から届きます。見あたらない場合は画像付きのHTMLメールなので、迷惑メールになってないか等、探してみてください。アメリカではいくつかのプロバイダーでブロックされたので再送も行ったようです。

  • チケットは日本時間でいう2月14日朝5時から発売します。
  • 登録すると36時間以内に確認のメールが届きます。
  • 販売サイトへのリンクボタンはコチラのチケットサイトに表示されます。
  • 購入の際には、確認のメールに記載されているパスコード(ランダムな英数6桁)を2回入力する必要があります。
  • パスコードは1回の購入(2枚まで)のみ有効です。
  • 購入サイトへのアクセスはチケットを確約するものではありません。先着順の販売です。
  • チケットは一枚380ドル、そのほか手数料がかかります。
  • クレジットカード保持者の名義での購入になります。
  • このINDIVIDUAL SALEで購入したチケットは発送先および名義の変更ができます。
  • Java ScriptとCookieを有効にしておいてください。

4万枚が売れるには結構時間がかかると思うのですが、確実にゲットするには早めに購入手続きを済ませるのをオススメします。以前は早く購入するほど安かったので発売日にはオーダーが殺到し、特に初日は数千枚売れて一番安い額のチケット売り切れとなるのも恒例でした。でも今年はすべて同じ金額のチケットなので、そこまでは混まないと良いなァと。

次回のチケット発売は会期間近の8月7日なので、それまでの間のチケット購入の仕方等もBurninja.infoでフォローします。今回まだ踏み切れなかった方もご心配なく。(その他のチケットや発売スケジュールはコチラ

ちなみにチケット購入用に登録した Burner Profilesですが、チケット発売が一旦収束するまではCloseしています。後日また、使用方法や自分のアカウントへのアクセス方法などのお知らせが来るそう。ちょっとバーニングマン専用SNSぽくなるのかも??期待して待ちます。

Road to Burning Man 2013, tip#2

何かを毎日コツコツやるのは、歯磨きくらい苦手なのですが、それでもここ毎日誰かから「あれはどうするんだろうー」「これはいつまですかー」と聞かれるので、誰か一人にお返事するならついでに記事を書いて共有しようというのが、このシリーズの企みです。あれとこれを書いてもソレとナニについても書かないとな、とゴールがどんどん遠のいて行くのが特徴です・・・。

バーニングマンに行こうと思ったらまずやる事:その2
Burner Profileの登録

今年、日本時間で2月14日朝5時に発売されるバーニングマンのチケットを購入するには、事前にBurner Profilesに登録する必要があります。事前登録者のみを対象とした、先着順販売なので発売当日に購入するかどうかは別でも登録だけはしておく事をオススメします。

  • 日本時間で2月7日朝5時から11日朝5時までの間に、Burner Profilesに氏名、住所、メールアドレスを登録します。(ただいま受付中!!)
  • 登録すると36時間以内に確認のメールが届きます。
  • 確認のメールに、購入先リンクとパスコードが記載されています。
  • 14日朝5時開始のチケット発売の際には確認メールにあった購入先リンクをクリックするか、チケットサイトからパスコードを入れて販売サイトにログインしてください。

このBurner Profilesは2013年から始めて導入されるのですが、チケット購入の際の本人確認のほか、Theme campやアートプロジェクトの申請等にも利用できるようになる予定だそうです。(いろいろ本格的に企画すると、以外と面倒な申請がいろいろあるので、お互い少し楽をしましょうという事かと。)

14日朝5時開始のIndividual saleについては、「Ticket 2013」のページに解説を載せました。2月に4万枚が発売された後は8月初頭の1000枚程度の追加セール以外はチケット購入者からの転売で手に入れる事になります。自分の手で確実にチケットを手に入れておきたい人は、お見逃しなく。

(チケット購入の際に、家族や友人のクレジットカードでの支払いを考えている人は、必ずカード保持者の氏名と振込み住所で登録してください。チケット購入後に名義変更ができます。登録者情報とクレジットカード情報が一致しない場合は購入ができませんのでご注意ください。)