Low Income Ticket Program

今年のLow Incomeチケットはお一人様160ドル、4000枚分。今日から申込開始です。

以前からあった学生向け、低所得者向けの格安チケットが一本化されて、オンラインで申し込めます。こちらのチケットはこの価格でなけりゃ無理!という人向けのチケットなので、本当に必要な人だけが申し込むように・・・とはいえ、これから一般に販売される最後のチケットなので、手続きは面倒ですが該当しそうな人はめげずにトライしてください。

申し込み受付は3月1日から5月1日までですが、予定枚数を販売したら早期終了もあり。申し込みから6週間以内に審査結果が届く予定です。このチケットが売り切れた場合には、申し込みフォームへのリンクが削除されてしまうので、お早めにお申し込みください。

まず、チケットページにある申し込む前の確認事項のいくつか。

  • プリセールやメインセールでチケットを購入した人は対象外です。
  • 申し込みは全てインターネット上で行う、オンライン受付です。もしインターネットが使えないようであれば、申込書を書面で送りますのでご連絡ください。
  • チケットは申し込み本人一名限りです。カップルやファミリーでの受付はできません。
  • 代理申請は行わないでください。必ず本人が申込書を記入してください。
    (質問内容の確認や送付書類のデータ作成、伝えたい内容の英語表現など、友人でもリージョナルコンタクトでも便利な黒子のように使う分には問題ありません。)
  • 携帯電話などのモバイル環境ではなく、パソコンから申し込みを行ってください。
    (申し込みフォームが一見正しく表示・記入されているように見えるものの、きちんと送信されない不具合があるとか。必要な項目の記入漏れに繋がるので、避けてください。特に日本のガラケーでの動作確認とかしてないと思うし!)
  • 少なくとも1枚、最大で3枚までの、年収および経費を証明する電子ファイルを添付してください。本人の名義が記載されている必要がありますが、社会保障番号などの個人情報は塗り潰してください。ファイルはJPG画像ファイルまたはPDF。それぞれ1ページのみで、最大1MBまでにしてください。提出文書の例はFAQをご覧ください。
    (FAQでは税金の申告書、支払い明細、失業保険、学生ローンの書類などがあげられています。日本だとちょうど良い書類が見つけにくいですが、自分の所得状況を説明する欄もあるので、運営側にこのチケットが必要だと納得させる事ができれば上記書式に限らず送付できます。ただ、日本語のものには英語訳を記載する必要があると思います。)
  • 申し込み時には支払いの必要はありません。
  • LowIncomeチケットは、すべてWillCall(会場窓口で本人証明と引き替えに受け取るチケット)になり、会場入り口のチケット引換所で支払います。
  • LowIncomeチケットは譲渡不可です。自分が参加できなくなった場合も、誰か他の人へとチケットをあげたり、繰り越して他の年に使用することはできません。もし、参加できなくなった場合はlowincome@burningman.comへキャンセルの連絡をしてください。
  • もし他の方法(STEPや直販など)でチケットを購入した場合は、あなたのLowIncomeチケットは無効になります。
    (STEPや直販での個人情報と照合しますとのこと。)

以上の事をご理解の上、必要書類のデータが揃ったら、説明箇条書きの一番最後の行にある文字リンク「2012 Low Income Ticket Application」から受付フォームへ進みましょう・・・。(続く)